シンポジウムレポート

文責:岡田憲司(ナノデバイス・バイオ融合科学研究所ナノネット支援研究員)
私は会場設営担当だったので一足早く会場に向かい、緊張しながらも抜かりの無いよう心がけ、準備をしました。放射光の方々がパンフレットをたくさん持ってきて居られ、意気込みを感じました。発表者の先生方のために発表用の机の上に水を用意していましたが、誰も口をつけなかったので最終的には先生方に配って回ると言うハプニングもありましたが、無事シンポジウムは進んで行きました。
シンポジウムは放射光の発表から始まり、分からないことも多かったですが、COPHEEと言う装置に対抗して自分たちの装置にESPRESSOと名付けたと言うエピソードなど面白く話されたこともあり、印象に残りました。 続いてナノデバイスの発表に移りましたが、普段ナノデバイスの研究を一から整理された形で聞くことはなかなか無いので、ナノデバイスの発表もとても参考になりました。スピントロニクスの話が放射光とナノデバイスの提携を考えた時に最もやりやすそうだと横山教授が言っていたので、ぜひその今後の動向に注目したいと思いました。
シンポジウム閉会後、お互いの施設の見学会があり、我々はナノデバイスのクリーンルームを案内しました。人数が多かったので東棟と西棟に分かれて入ったが、私は東棟から入るのに慣れていなかったので多少戸惑いました。見学では皆さん熱心に見ておられ、たくさんの質問がありました。私も見習わなければと思いました。

懇親会ではくす玉が割れないと言うハプニング(?)などが有ったものの、皆さん大いに盛り上がっていました。最後に記念撮影をして終わりました。


第1回放射光・ナノデバイス科学シンポジウム開催のご案内



           放射光科学研究センター長 谷口雅樹
     ナノデバイス・バイオ融合科学研究所長 吉川公麿


 広島大学における附置研究所・センターは,多様な研究活動を通して大学の研究と教育に奥行きと広がりを与え,大学院等 における高度な水準の教育活動に大きく貢献しています。
 本シンポジウムは,自然科学分野の特別研究センターである放射光科学研究センターナノデバイス・バイオ融合科学研究所とが,積極的な交流を通して施設の運営,研究,人材育成等の状況について互いの理解をうながし,それぞれの学術の質向 上に資するとともに,社会からの期待に十分対応できる研究・教育活動とグローバルな人材育成を連携強化していくことを目 的としています。
 第1回目は放射光科学研究センターとナノデバイス・バイオ融合科学研究所の活動状況と今後の展開について議論します。 学内外からの関係者の多数のご参加を御願い致します。

 


日 時:2011年12月9日(金)
    12:40     受付開始
    13:00~16:20  シンポジウム
    16:30~17:30  施設見学(放射光科学研究センター/ナノデバイス・バイオ融合科学研究所)
    17:40~19:40  懇親会(学士会館1Fレストラン)
場 所:広島大学学士会館レセプションホール

参加費:無料(懇親会は有料)

主 催:広島大学放射光科学研究センター
    広島大学ナノデバイス・バイオ融合科学研究所


プログラム:
13:00~13:05 挨拶
13:05~14:35 放射光科学研究センター紹介
       ・センターの概要
       ・研究の状況
       ・人材育成の状況
       ・研究ハイライト
14:35~14:45 休憩
14:45~16:15 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所紹介
       ・研究所の概要
       ・研究の状況
       ・人材育成の状況他
       ・研究ハイライト
16:15~16:20 閉会の挨拶
16:30~17:30 施設見学 
       (終了時間が変更になりました。同時に両施設の見学を実施します)

       放射光科学研究センター/ナノデバイス・バイオ融合科学研究所
17:40~19:40 懇親会(会費制) (開始時間が変更になりました。)


参加申込み方法:

  1. シンポジウムは無料です。事前にご参加の旨をご連絡いただくと幸いです。参加者リストに記載いたしたいと思います。
  2. 放射光科学研究センター関係者の方は放射光科学研究センター事務室まで参加のご連絡を御願いします。 
  3. ナノデバイス・バイオ融合科学研究所の関係者の方はナノデバイス・バイオ融合科学研究所事務室までご連絡を御願いします。
  4. 学内の上記以外の参加ご希望の方、ならびに、学外の方は下記の総合受付(下記)までご連絡ください。
  5. 懇親会は会費制となっておりますので、事前申込みが必要です。当日、受付にてお支払いください。会費等は,教員4000円,学生2000円,それ以外(職員)3000円(アルコール飲料含む場合),2500円(ソフトドリンクのみの場合)となります。不明な点がありましたら,下記までご連絡ください。
  6. 懇親会の準備がありますので、12月2日(金)を申込み締切とさせていただきます。尚、シンポジウムは無料ですので、当日参加も可能です。
  7. 参加ご希望の方は,お名前,連絡先,メールアドレス,シンポジウムの参加の有無,施設見学の有無(放射光,ナノデバイス),懇親会参加の有無を下記までご連絡ください。尚,放射光科学研究センターとナノデバイス・バイオ融合科学研究所の関係者につきましては,事務室で参加の有無をとりまとめ致します。ご協力よろしく御願いします。
  8.  


    参加申込み先・問い合わせ先:
    放射光科学研究センター 担当:奥田 (Tel: 082-424-6293)
    ナノデバイス・バイオ融合科学研究所
                担当:小出 (Tel: 082-424-6265)
    メール:Hisor-RNBS-Symp@ml.hiroshima-u.ac.jp

    (SPAM対策のため@から左側は全角にしてありますので、半角に変換下さい。)