• Cadence User Conference 2016(2016/07/15)
      • HW/SW Co-Design of Automotive and Medical Applications on Rapid Prototyping Platform Protium
      • 発表者:小出 哲士、Anh-Tuan Hoang
      • 共同研究者:小出哲士, Anh-Tuan Hoang、 岡本 拓巳
      • 研究代表者:小出 哲士
      • 発表日時:2016年07月15日

      • LSIとシステムのワークショップ2016(2016/05/16~17)
        • 大腸内視鏡リアルタイム診断支援のためのプロトタイプシステムの開発 eCAD
        • 発表者:岡本 拓巳
        • 共同研究者:小出哲士, 清水 達也, 杉 幸樹, Anh-Tuan Hoang, 玉木 徹, Bisser Raytchev, 金田和文, 吉田成人, 三重野 寛, 田中信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2016年05月16日

      • 集積回路研究会(ICD)(2016/03/02~04)
        • 大腸内視鏡診断支援のための高速な特徴量抽出システム
        • 発表者:清水 達也
        • 共同研究者:小出哲士, Anh-Tuan Hoang, 杉 幸樹, 岡本拓巳, 佐藤 光, 玉木 徹, Bisser Raytchev, 金田和文, 吉田成人, 三重野 寛, 田中信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2016年03月03日

        • 大腸内視鏡画像診断支援のためのVisual Word特徴量変換システム
        • 発表者:杉 幸樹
        • 共同研究者:小出哲士, 清水達也, 岡本拓巳, Anh-Tuan Hoang, 佐藤 光, 玉木 徹, Bisser Raytchev, 金田和文, 吉田成人, 三重野 寛, 田中信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2016年03月03日

        • Support Vector Machineを用いた大腸内視鏡画像診断支援タイプ識別システム
        • 発表者:岡本拓巳
        • 共同研究者:小出哲士, 清水達也, 杉 幸樹, Anh-Tuan Hoang, 佐藤 光, 玉木 徹, Bisser Raytchev, 金田和文, 吉田成人, 三重野 寛, 田中信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2016年03月03日

      • DAシンポジウム2015-システムとLSIの設計技術-(2015/08/26~28)

        • 全画面大腸内視鏡画像に適したリアルタイム特徴量抽出のFPGA実装 (FPGA implementation of Real-time Feature extraction for Colorectal Endoscopic Images at Full HD)
        • 発表者:清水 達也
        • 共同研究者:小出 哲士,Anh-Tuan Hoang,杉 幸樹, 岡本 拓巳,
          佐藤 光,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,
          吉田 成人,三重 野寛,田中 信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2015年08月27日

        • 大腸内視鏡診断支援のための高速Visual Word特徴量変換のFPGA実装 (FPGA Implementation of High-Speed Visual Word Feature Transformation for CAD of Colorectal Endoscopic Images)
        • 発表者:杉 幸樹
        • 共同研究者:小出 哲士,Anh-Tuan Hoang,清水 達也,岡本 拓巳,佐藤 光,
          玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,吉田 成人,三重 野寛,田中 信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2015年08月27日

        • 大腸内視鏡画像のタイプ識別に適したSVMのFPGA実装 (Effective Implementation of SVM in the FPGA for Type Identification with Colorectal Endoscopic Images)
        • 発表者:Anh-Tuan Hoang,佐藤 光
        • 共同研究者:岡本 拓巳, 小出 哲士,清水 達也,杉 幸樹,Anh-Tuan Hoang,佐藤 光,
          玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,吉田 成人,三重 野寛,田中 信治
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2015年08月27日

      • Comparative Study on Dielectric Constants and Conductivities of Invasive Ductal Carcinoma Tissues
        • 発表者:Kikkawa Takamaro (代理:Xiaoさん)
        • 共同研究者:Kikkawa Takamaro, Takumi Sugitani and Koji Arihiro
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2015年08月27日
      • Image Segmentation of Pyramid Style Identifier based on Support Vector Machine for Colorectal Endoscopic Images
        • 発表者:Takumi Okamoto
        • 共同研究者:Tetsushi Koide, Koki Sugi, Tatsuya Shimizu, Anh-Tuan Hoang, Toru Tamaki, Bisser Raytchev, Kazufumi Kaneda, Yoko Kominami, Shigeto Yoshida, Hiroshi Mieno, and Shinji Tanaka
        • 研究代表者:小出 哲士
        • 発表日時:2015年08月27日

      会場(Milan Congressi)を背景に撮影.
      情報工学院M2 園山さん,小出 哲士先生,M2 岡本さん,吉川 貴麿先生

      • STARC Symposium (Semiconductor Technology Academic Research Center) (2015/01/30)
        • リアルタイム大腸内視鏡画像診断支援のためのD-SIFT特徴量抽出アーキテクチャ
          • 発表者:清水 達也
          • 共同研究者:杉 幸樹 ,岡本拓巳,Anh-Tuan Hoang 玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
          • 研究代表者:小出 哲士
          • 発表日時:2015年01月30日
        • リアルタイム大腸内視鏡画像診断支援のためのVisual Word特徴量変換アーキテクチャ
          • 発表者:杉 幸樹
          • 共同研究者:Anh-Tuan Hoang,岡本 拓巳,清水 達也,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,吉田 成人,田中 信治
          • 研究代表者:小出 哲士
          • 発表日時:2015年01月30日
        • リアルタイム大腸内視鏡画像診断支援のためのSVMを用いたタイプ識別アーキテクチャ
          • 発表者:岡本 拓巳
          • 共同研究者:Anh-Tuan Hoang,杉 幸樹,清水 達也,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,吉田 成人,田中 信治
          • 研究代表者:小出 哲士
          • 発表日時:2015年01月30日
        • Inter-Chip IR-UWB Signal Transmission with On-Chip Dipole Antenna
          • 発表者:橋本 憲治
          • 研究代表者:吉川 公麿
          • 発表日時:2015年01月30日
        • CMOS Track and Hold Circuit for Confocal Imaging
          • 発表者:瀬尾 裕二
          • 研究代表者:吉川 公麿
          • 発表日時:2015年01月30日

      • 学生シンポジウム HISS (Hiroshima Student Symposium) (2013/11/16~11/17)
        • Pipeline Architecture for Real-Time Speed Traffic-Sign Detection on FPGA
          • 発表者:Anh-Tuan Hoang
          • 著者:Anh-Tuan Hoang、山本 真晴(Yamamoto Masaharu)、大森 睦己(Omori Mutsumi)、 小出 哲士(Tetsushi Koide)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月17日
        • Number Recognition Algorithm Using the Local Feature Quantity for Real-Time Speed Traffic-Sign Recognition
          • 発表者:山本 真晴(Yamamoto Masaharu)
          • 著者:山本 真晴(Yamamoto Masaharu)、Anh-Tuan Hoang、大森 睦己(Omori Mutsumi)、 小出 哲士(Tetsushi Koide)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月17日
        • Development of Feature Extraction Architecture for Computer-Aided Diagnosis System for Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification
          • 発表者:三島 翼(Tsubasa Mishima)
          • 著者:三島 翼(Tsubasa Mishima)、重見 悟(Satoshi Shigemi)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月17日
        • Development of Type Identification Architecture for Computer-Aided Diagnosis System for Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification
          • 発表者:重見 悟(Satoshi Shigemi)
          • 著者:重見 悟(Satoshi Shigemi)、坂下 慶勝(Yoshimasa Sakashita)、三島 翼(Tsubasa Mishima)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月17日

      • コンピュータシステム研究会 (CPSY) (2013年度~)(2013/11/08)
        • Pipeline Scanning Architecture for Traffic Sign Detection with Computation Reduction
          • 発表者:Anh-Tuan Hoang
          • 著者:Anh-Tuan Hoang、山本 真晴(Yamamoto Masaharu)、大森 睦己(Omori Mutsumi)、 小出 哲士(Tetsushi Koide)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月08日
        • 局所特徴量を用いたリアルタイム速度標識認識アーキテクチャ
          • 発表者:山本 真晴(Yamamoto Masaharu)
          • 著者:山本 真晴(Yamamoto Masaharu)、Anh-Tuan Hoang、大森 睦己(Omori Mutsumi)、 小出 哲士(Tetsushi Koide)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月08日
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のためのリアルタイム特徴量抽出アーキテクチャ
          • 発表者:三島 翼(Tsubasa Mishima)
          • 著者:三島 翼(Tsubasa Mishima)、重見 悟(Satoshi Shigemi)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月08日
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のためのリアルタイムタイプ識別アーキテクチャ
          • 発表者:重見 悟(Satoshi Shigemi)
          • 著者:重見 悟(Satoshi Shigemi)、坂下 慶勝(Yoshimasa Sakashita)、三島 翼(Tsubasa Mishima)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年11月08日

      • The 18th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies(SASIMI2013)(2013/10/21~10/22)
        • Compact Pipeline Hardware Architecture for Pattern Matching on Real-Time Traffic Signs Detection
          • 発表者:Anh-Tuan Hoang
          • 著者:Anh-Tuan Hoang, Mutsumi Omori, Masaharu Yamamoto and Tetsushi Koide
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月21日
        • Speed Traffic-Sign Recognition Algorithm for Real-Time Driving Assistant System
          • 発表者:Masaharu Yamamoto
          • 著者:Masaharu Yamamoto, Anh-Tuan Hoang, Mutsumi Omori, Tetsushi Koide
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月21日
        • High Speed Approximation Feature Extraction in CAD System for Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification
          • 発表者:Tsubasa Mishima
          • 著者:Tsubasa Mishima, Satoshi Shigemi, Anh-Tuan Hoang, Tetsushi Koide, Toru Tamaki, Bisser Raytchev, Kazufumi Kaneda, Yoko Kominami, Rie Miyaki, Taiji Matsuo, Shigeto Yoshida, Shinji Tanaka
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月22日
        • Customizable Hardware Architecture of Support Vector Machine in CAD System for Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification
          • 発表者:Satoshi Shigemi
          • 著者:Satoshi Shigemi, Tsubasa Mishima, Anh-Tuan Hoang, Tetsushi Koide, Toru Tamaki, Bisser Raytchev, Kazufumi Kaneda, Yoko Kominami, Rie Miyaki, Taiji Matsuo, Shigeto Yoshida, Shinji Tanaka
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月22日

      • 平成25年度(第64回)電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(RENTAI2013)(2013/10/19)
        • Simple and Efficient Pipeline Architecture for Real-Time Speed Traffic-Sign Detection
          • 発表者:Anh-Tuan Hoang
          • 著者:Anh-Tuan Hoang、山本 真晴(Yamamoto Masaharu)、大森 睦己(Omori Mutsumi)、 小出 哲士(Tetsushi Koide)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月19日
        • 速度標識認識のためのハードウェア向け数字認識アルゴリズム
          • 発表者:山本 真晴(Yamamoto Masaharu)
          • 著者:山本 真晴(Yamamoto Masaharu)、Anh-Tuan Hoang、大森 睦己(Omori Mutsumi)、 小出 哲士(Tetsushi Koide)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月19日
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のための特徴量抽出部の開発
          • 発表者:三島 翼(Tsubasa Mishima)
          • 著者:三島 翼(Tsubasa Mishima)、重見 悟(Satoshi Shigemi)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月19日
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のためのタイプ識別器の開発
          • 発表者:重見 悟(Satoshi Shigemi)
          • 著者:重見 悟(Satoshi Shigemi)、坂下 慶勝(Yoshimasa Sakashita)、三島 翼(Tsubasa Mishima)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年10月19日

      • The 28th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2013)(2013/06/30~07/03)
        • A Simple and Effective Hardware Oriented Feature Extraction Algorithm for Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification
          • 発表者:三島 翼(Tsubasa Mishima)
          • 著者:三島 翼(Tsubasa Mishima)、重見 悟(Satoshi Shigemi)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年7月02日
        • An FPGA Implementation of Support Vector Machine Identifier for Colorectal Endoscopic Images with NBI Magnification
          • 発表者:重見 悟(Satoshi Shigemi)
          • 著者:重見 悟(Satoshi Shigemi)、坂下 慶勝(Yoshimasa Sakashita)、三島 翼(Tsubasa Mishima)、Anh-Tuan Hoang、小出 哲士(Tetsushi Koide)、玉木 徹 (Toru Tamaki)、Bisser Raytchev、金田 和文(Kazufumi Kaneda)、小南 陽子(Yoko Kominami)、宮木 理恵(Rie Miyaki)、松尾 泰治(Taiji Matsuo)、吉田 成人(Shigeto Yoshida)、田中 信治(Shinji Tanaka)
          • 研究グループ:小出研究室
          • 発表日時:2013年7月02日

      • 2013 International Symposium on Electromagnetic Theory (EMTS2013)(2013/5/20~5/24)
        • A Breast Cancer Detection System Using 198 ps Gaussian Monocycle Pulse CMOS Transmitter and UWB Antenna Array
          • 発表者:杉谷 拓海(Takumi Sugitani)
          • 著者:杉谷 拓海(Takumi Sugitani)、久保田 慎一(Shinichi Kubota)、Mohiuddin Hafiz、外谷 昭洋(Akihiro Toya)、吉川 公麿(Takamaro Kikkawa)
          • 研究グループ:吉川研究室
          • 発表日時:2013年5月23日

      • LSI とシステムのワークショップ2013(2013/5/13~5/15)
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のための特徴量抽出ハードウェアの開発
            • 発表者:三島 翼
            • 著者:三島 翼,重見 悟,Hoang Anh-Tuan,小出 哲士,玉木 徹,Raytchev Bisser,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
            • 研究グループ:小出研究室
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援のためのタイプ識別ハードウェアの開発
            • 発表者:重見 悟
            • 著者:重見 悟,三島 翼,Hoang Anh-Tuan,小出 哲士,玉木 徹,Raytchev Bisser,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
            • 研究グループ:小出研究室

      • 第60回応用物理学会春季学術講演会(2013/3/27~3/30)
        • 部分的アモルファス化によるn+ 4H-SiC上の Niシリサイド・オーミック抵抗低減の研究
          • 発表者:Milantha De Silva
          • 著者:Milantha De Silva, 佐藤 旦, 黒木 伸一郎
          • 研究グループ:黒木研究室
          • 発表日時:2013年3月29日

      • ViEW2012 ビジョン技術の実利用ワークショップ(2012/12/6~12/7)
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援システムにおける特徴量抽出のハードウェア化に関する考察
            • 発表者:三島 翼
            • 著者:三島 翼,重見 悟,小出 哲士,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
            • 研究グループ:小出研究室
            • 発表日時:2012年12月6日
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援システムにおけるタイプ識別器のハードウェア化に関する考察
            • 発表者:重見 悟
            • 著者:重見 悟,三島 翼,小出 哲士,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
            • 研究グループ:小出研究室
            • 発表日時:2012年12月6日

      • 平成24年度 (第63回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会(2012/10/20)
        • 大腸NBI 拡大内視鏡画像診断支援システム ~ 特徴量抽出部のハードウェア化に対する考察 ~
            • 発表者:三島 翼
            • 著者:三島 翼, 重見 悟, 小出 哲士 (広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所), 玉木 徹, Bisser Raytchev, 金田 和文 (広島大学 工学研究科), 小南 陽子, 宮木 理恵 (広島大学 消化器・代謝内科), 松尾 泰治, 吉田 成人, 田中 信治 (広島大学 内視鏡診療科)
            • 研究グループ:小出研究室
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援システム ~ タイプ識別部のハードウェア化に対する考察 ~
            • 発表者:重見 悟
            • 著者:重見 悟, 三島 翼, 小出 哲士 (広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所), 玉木 徹, Raytchev Bisser, 金田 和文 (広島大学 工学研究科), 小南 陽子, 宮木 理恵 (広島大学 消化器・代謝内科), 松尾 泰治, 吉田 成人, 田中 信治 (広島大学 内視鏡診療科)
            • 研究グループ:小出研究室

      • CPSY2012(2012/10/12)
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援システムにおける特徴量抽出部のハードウェア設計
            • 発表者:三島 翼
            • 著者:三島 翼,重見 悟,小出 哲士,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
            • 研究グループ:小出研究室
        • 大腸NBI拡大内視鏡画像診断支援システムにおけるタイプ識別部のハードウェア設計
            • 発表者:重見 悟
            • 著者:重見 悟,三島 翼,小出 哲士,玉木 徹,Bisser Raytchev,金田 和文,小南 陽子,宮木 理恵,松尾 泰治,吉田 成人,田中 信治
            • 研究グループ:小出研究室

      • 2012 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2012)
        (September 25-27, 2012 / Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan)
        • Application of Composite Haar-like Features to Vehicle Detection with Massive-Parallel Memory-Embedded SIMD Matrix Processor
          M. Omori, H. Hiramoto, T. Koide and H. J. Mattausch
          Hiroshima Univ. , Japan
        • 102.4 GS/s Impulse Sampling Circuit with Low Power and Low Timing Error Clock Generation
          A. Toya1,2, K. Sogo1, N. Sasaki1,3 and T. Kikkawa1
          1Hiroshima Univ., 2Kure National College of Tech. and 3Gunma National College of Tech. , Japan
        • Differential Si Ring Optical Resonator Biosensors
          T. Taniguchi1, Y. Amemiya1, T. Ikeda1,3, A. Kuroda1,3 and S. Yokoyama1,2
          1Res. Inst. for Nanodevice and Bio Systems, Hiroshima Univ, 2Dept of Semiconductor Electronics and Integration and 3Dept of Molecular BioTech. AdSM Hiroshima Univ , Japan
        • -119.1 dBc/Hz Phase Noise Ring-VCO-Based PLL CMOS Circuit Using A Tunable Narrow-Deadzone Creator in Frequency Locked Loop
          K. Sogo1, A. Toya1,2 and T. Kikkawa1
          1Hiroshima Univ. and 2Kure National Collage of Tech. , Japan
        • Layered Low-k Porous Silica Zeolite Films for Inter-Metal Dielectric with High Elastic Modulus
          T. Yamamoto1, T. Sato1, Y. Seino2, K. Hattori2, S. Kuroki1 and T. Kikkawa1
          1Hiroshima Univ and 2AIST , Japan
        • Influence of Breast Organisms and UWB Antenna Array Configuration on the Resolution of Breast Cancer Detection
          T. Sugitani1, S. Kubota1, A. Toya1, X. Xiao2 and T. Kikkawa1
          1Hiroshima Univ. , Japan and 2Tianjin Univ. , China
        • High Sensitive Biosensors with Slot and Stack-Type Structure using Silicon Nitride Waveguides
          Y. Amemiya, A. Hirowatari, T. Taniguchi, T. Ikeda, M. Fukuyama, A. Kuroda and S. Yokoyama
          Hiroshima Univ. , Japan
        • Modeling of the Impurity-Gradient Effect in High-Voltage Laterally-Diffused MOSFETs
          T. Iizuka, K. Fukushima, A. Tanaka, T. Sakuda, H. Kikuchihara, M. Miyake, H. J. Mattausch and M. Miura Mattausch
          Hiroshima Univ. , Japan

      • 2012年秋季 第73回応用物理学会学術講演会 (2012/9/11~14 / 愛媛大学,松山大学)
        • As+イオン注入した4H-SiC基板の化学結合状態評価
          村上秀樹1,大田晃生1,芦原龍平1,雨宮嘉照2,田部井哲夫2,横山 新2,吉川公麿2,宮崎誠一3,東清一郎1
          広大院先端研1,広大ナノデバイス2,名大院工3
        • スタック型マルチスロットバイオセンサの研究
          雨宮嘉照1,谷口智哉1,坂元崇宣1,池田 丈2,1,福山正隆1,黒田章夫2,1,横山 新1,2
          広島大ナノデバイス1,広島大先端研2
        • フォトニック結晶を用いたバイオセンサ
          坂元崇宣1,原田祥典1,雨宮嘉照1,池田 丈2,1,黒田章夫2,1,横山 新1,2
          広島大ナノデバイス・バイオ研1,広島大先端物質科学研究科2
        • フォトニック結晶作製における電子ビーム露光条件依存性
          ○(M1)原田祥典,雨宮嘉照,横山 新
          広島大ナノデバイス
        • 縦列p/n 接合型Si マッハツェンダ光モジュレータの改良
          古谷竜一,雨宮嘉照,福山正隆,横山 新
          広島大ナノデバイス・バイオ研
        • 表面プラズモン共鳴をベースとしたシリコン光変調器の試作
          田部井哲夫,横山 新
          広島大ナノデバイス研
        • 細胞分離のための磁性粒子含有流路作製
          坂本憲児1,杉本うらら2,柳瀬雄輝3,秀 道弘3,三宅 亮2
          九工大1,広島大2,広島大医歯薬学3
        • 差動Siリング光共振器を用いたバイオセンサー
          谷口智哉1,2,雨宮嘉照1,池田 丈1,3,黒田章夫1,3,横山 新1,2
          広島大ナノデバイス・バイオ融合科学研1,広島大院先端物質科学研半導体集積科2,広島大分子生命機能科3

      • 38th European Solid-State Circuits Conference (ESSCIRC)(2012/9/17~9/21)
          • A Ring-VCO-Based Sub-Sampling PLL CMOS Circuit with -119 dBc/Hz Phase Noise and 0.73 ps Jitter
            • 発表者:十河 健太(Kenta Sogo)
            • 著者:十河 健太、外谷 昭洋、吉川 公麿(Kenta Sogo, Akihiro Toya and Takamaro Kikkawa
            • 研究グループ:吉川研究室
            • 発表日時:2012年9月19日
            • 感想:国際学会の雰囲気を肌で感じることができた。また、世界中の研究者の研究を勉強できることや、自分の発表に対する質問で自分の研究がまた進んでいくこと、学会に参加する重要性を知った。
            • これから学会発表を目指す同級生、後輩に一言:
            • 発表前は誰でも緊張してしまいます。しかし、学会に参加することで得るものは非常に大きいと思います。是非挑戦してみてください!
          • Digital Associative Memory for Word-Parallel Manhattan-Distance-Based Vector Quantization
            • 発表者:佐々木 静龍
            • 発表日時:2012年9月18日
            • 著者:佐々木 静龍、安田 雅弘、マタウシュ・ハンス・ユルゲン (Seiryu Sasaki, Masahiro Yasuda, and Hans Jürgen Mattausch)
            • 研究グループ:集積システム科学研究部門

      • Emerging InfoTech-2012(2012/8/28-8/30)
        • Hybrid Electro-optic Polymer/Silica Waveguide Modulators and Biophotonic Sensor Network Based on Sol-gel Silica Waveguides(Invited)
          Yasufumi Enami

      • VDECデザイナーズフォーラム2012(2012/8/26)
        • 低位相雑音・低ジッタ位相同期ループの開発
          • 発表者:十河 健太
          • 研究グループ:吉川研究室
          • 発表内容概要:アナログ-ディジタル変換器をベースにしたシステムには高精度な(低ジッタ)クロックを生成する発振回路、PLLが必要不可欠である。ジッタの要因となる位相雑音を低減するために、サブサンプリングPLL回路を導入した。独自に開発したデッドゾーン生成回路により、リングVCOベースでこれを実現した。従来型PLLにおいて帯域内位相雑音の大きな要因となる分周器が、位相・周波数同期後に負帰還パスに不要であるため、低位相雑音(低ジ ッタ)・低消費電力が実現可能である。今回の発表では回路の構成図、動作原理などを説明し、測定による位相雑音の低減を確認し、PLL性能を議論した。ジッタと消費電力から求めるフィギュアオブメリットにおける有用性を述べた。
          • 感想:はじめての大学外での発表で緊張したが、気負わずやることができた。
          • 今後の抱負:VDECデザインアワード受賞者として責任をもって今後も研究に注力していこうと感じている。
          • お世話になった先生方、先輩方、同級生に一言:日頃よりご指導、ご鞭撻をいただき、心より感謝申し上げます。
          • 受賞:IEEE SSCS Japan Chapter VDEC Design Award(最優秀賞)
          • その他:今回の受賞がVDECだより2012年10月15日第14号3ページ目に掲載されました
        • 低消費電力なディジタル並列型最小マンハッタン距離検索連想メモリ

      • The 4th International Symposium on Microchemistry and Microsystems (ISMM2012)(2012/6/10~6/13)
        • High Speed Data Acquisition System for Microfluidic HILS
            • 発表者:Yusuke Maekawa
            • 著者:Yusuke Maekawa, Ryo Miyake
            • 発表日時:2012年6月12日
            • 感想: 生まれて初めて海外に出たので不安でいっぱいでしたが、いろんな方々に助けて 頂き、何とか無事に帰ってくることができました。

      • 電子情報通信学会 シリコン材料・デバイス研究会(IEICE-SDM2012)(2012/4/27~4/28)
        • [招待講演]「ダブルラインビーム連続発振レーザラテラル結晶化によるシリコン薄膜の3軸結晶制御とTFT」
          • 発表者:黒木伸一郎
          • 研究グループ:ナノ集積科学研究部門
          • 発表日時:2012年4月27日(金)15:40-16:10
          • 論文アブストラクト:Gaussianレーザスポットをもつ連続発振レーザラテラル結晶化により平均20×2μm2の粒径をもつpoly-Si薄膜を形成し、これを用いた高性能薄膜トランジスタ(TFT)を作製した。さらにトランジスタへの歪み印加の効果を調べるために、Double-gate型TFTを作製し、上下チャネルでの移動度を調べることにより、引っ張り歪み印加による電子移動度向上を示した。またTri-gate型のTFTにより、一軸性ひずみによる移動度向上を示した。更にTri-gate型により移動度ばらつきの低減を示した。ダブルラインビーム連続発振レーザ結晶化により、poly-Si結晶薄膜の面方位制御を行い、100 μmを超える長さの、(110)-(111)-(211)面方位に3軸制御したシリコン結晶グレインを形成した。このpoly-Si薄膜を用いたTFT作製し、その特性を調べた。
            Poly-Si thin films with large crystal grains of 20×2μm2 were fabricated by continuous-wave laser lateral crystallization with Gaussian laser spot, and its high-performance TFT was also fabricated. Strain effects on the electron mobility were investigated with double-gate TFTs and tri-gate TFTs. Highly bi-axially oriented poly-Si thin films with very long grains were successfully fabricated on quartz substrates by double-line beam continuous wave laser crystallization. The newly-developed technique achieved highly-oriented silicon grains having {110}, {111} and {211} crystal orientations in the laser lateral crystallized plane, the transverse side plane and the surface plane, respectively. All the silicon grains were elongated in the laser-scanning direction and linearly arranged with a length of over 100 µm and a width of 0.7 µm. TFTs with this well-crystal oriented poly-Si thin films were also fabricated.

      • Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies 2012 (SASIMI2012)(2012/3/8~3/9)
        • Improved Region-Growing Image-Segmentation Algorithm Using Dynamic Connection Weight Calculation Based on Mean Value of Exited Pixels
          • 発表者:川上 尚孝
          • 著者:木村 亮介,菅原 達也,小出 哲士,Mattausch Hans Jürgen
          • 研究グループ:システムグループ
          • 発表日時:2012年3月8日
          • 論文アブストラクト:この論文では,結合重みを基にした領域成長型画像分割アルゴリズムについて紹介する.結合重みの計算は,RGB色空間における近傍ピクセルの類似性によって表現される. 提案手法は,動的に結合重みの値を最適化するために,ある画素と領域成長途上の近傍画素群の間の類似度により領域成長を判断する手法を用いている.この手法を用いることによって画像中の境界が不明瞭なオブジェクトを分割できるようになった.本稿では,提案領域成長アルゴリズム,提案手法のハードウェア化アーキテクチャを紹介し,そしてMATLABによるシミュレーションによる従来手法との比較結果を紹介する.MATLABによるシミュレーションの結果,画像中の境界が不明瞭なオブジェクトが分割できることを確認した.また,分割数,分割精度の面でよい結果を得ることができた.
          • 特にアピールしたい点、がんばった点アピールできる点として,従来手法では分割できなかったオブジェクトの分割に成功し,分割数,精度ともに良い結果を得られた点が挙げられます.
          • 感想:初めての学会ということで準備に手間取ったり,先生方にご迷惑をお掛けすることが多くあり,本番も大変緊張しましたが,いろいろな方々のサポートのおかげで無事発表することができてとても勉強になりました.
          • 今後の抱負:今回は私が英語が苦手ということもありいろいろな方々に修正作業を手伝って頂きお時間を取らせることが多かったので,今後は英語をしっかり勉強して自分でしっかりした文章を書けるようにしようと思います.
          • お世話になった先生方、先輩方、同級生に一言:小出先生とマタウシュ先生には論文等の修正を手伝っていただき本当にありがとうございました.それにもかかわらず,自分勝手な行動ばかりで本当にご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした.また,研究室の留学生の方々にも英語の文法のチェック等を手伝って頂き本当にありがとうございました.
          • これから学会発表を目指す同級生、後輩に一言:学会発表に際して分からないことがたくさんあると思いますが,チャレンジして得ることは本当にたくさんあるので,是非がんばってください.

      • APOS2012:The 3rd Asia-Pacific Optical Sensors Conference 2012(2012/1/31~2/3)
        • Green fluorescent protein-doped sol-gel silica planar waveguide to detect organophosphorus compound
          • 発表者:Y. Enami, Hiroshima Univ. (Japan); S. Suye, Univ. of Fukui (Japan)
          • 発表日時:2012年2月2日
          • Abstract:We report novel living protein-doped planar waveguide, and real-time detection of an organophosphorus compound using a sol-gel silica planar waveguide doped with a green fluorescent protein and an organophosphorus hydrolase on a yeast-cell surface. The waveguide was pumped at 488 nm, and emitted green fluorescence at the far field. The green fluorescent light at 550 nm changed by 50% from the original power 1 min after application of the organophosphorus compound. The results enable the real-time detection of biochemical weapon and insecticide harmful for human body by using an in-line fibre sensor network.

      • 第24回 化学とマイクロ・ナノシステム研究会(2011/11/17~11/18)
        • マイクロ流体デバイス対応HILS向け高速圧力データ集録環境の構築
          • 発表者:前川 祐介
          • 著者:前川 祐介、三宅 亮
          • 研究グループ:三宅グループ
          • 発表日時:2011年11月17日
          • 感想:初めての学会発表だったので緊張しましたが、ポスター発表ということもあり、思ったよりも打ち解けた雰囲気で参加者の方々と議論することができました。
          • お世話になった先生方、先輩方、同級生に一言:まだまだ未熟者で色々とお世話になるかと存じますが、これからも御指導頂ければ幸いです。

      • microTAS 2011(2011/10/2~10/6)
        • ポスター発表 "Magnetic Beads Manipulation for On-chip Assay"
          T. Ishikawa, J.-S. Lee, and R. Miyake

      • 2011 International Conference on Solid State Devices and Materials(SSDM2011)(2011/9/28~9/30)
        • Manipulation of Dispersed Magnetic Beads for On-chip Immunoassay
          T. Ishikawa, J. Lee and R. Miyake
        • Experimental Comparison of Process Variation in 65nm and 180nm CMOS Using Ring Oscillators with Adjustable Delay
          T. Ansari, W. Imafuku, M. Yasuda, S. Sasaki, H. J. Mattausch and T. Koide
        • Low-operation Voltage and High-speed Silicon Ring Optical Modulator with p/n Junctions along Waveguide
          Y. Amemiya, R. Furutani, M. Fukuyama and S. Yokoyama
        • Compact Multi-Bit Encoder for High Speed Frequency-Mapping Associative Memory
          S. Sasaki, M. Yasuda, A. Kawabata, T. Koide and H. J. Mattausch

      • 日本機械学会第3回マイクロナノ工学シンポジウム(2011/9/26~9/27)
        • ペーパーマイクロ分析チップにおける試薬・試料吸引機能の開発 (Micro-liquid Handling on Paper Based Micro Analysis Chip)
          岡部修吾,三宅亮,坂本憲児,石川智弘,村上裕二 (Shugo Okabe, Ryo Miyake, Kenji Sakamoto, Tomohiro Ishikawa, Yuji Murakami)
        • モデルベース解析手法によるマイクロ流体回路内の試料・試薬拡散の予測 (Model-based Simulation of Sample/Reagent Dispersion in Micro-Fluid Circuit)
          三宅 亮, 岡部修吾, 津留英一, 遠藤喜重, 馬渡和真, 北森武彦(Ryo Miyake, Shugo Okabe, Eichi Tsudome, Yoshishige Endo, Kazuma Mawatari, Takehiko Kitamori)

      • IEEE Custom Integrated Circuits Conference 2011(2011/9/20)
        • 5 Gbps BPSK CMOS Transmitter with On-chip Antenna Using Gaussian Monocycle Pulses
          • 発表者:久保田 慎一 (Shinichi Kubota)
          • 著者:久保田 慎一 (Shinichi Kubota), 木本 健太郎 (Kentaro Kimoto), 佐々木 信雄 (Nobuo Sasaki), ハフィズ モヒウディン (Mohiuddin Hafiz), 外谷 昭洋 (Akihiro Toya), 吉川 公麿(Takamaro Kikkawa)
          • 研究グループ:吉川研究室

      • 第72回応用物理学会学術講演会(2011/8/29~9/2)
        • DC アーク放電大気圧プラズマジェットによる半導体薄膜結晶成長(Crystalline Growth of Thin-Film Semiconductor Induced by Atmospheric-Pressure DC)
          東 清一郎(Seiichiro Higashi)
        • 高速・低電圧Si リング光変調素子の特性改善(Improvement of high speed and low voltage Si ring optical modulator)
          雨宮 嘉照,古谷 竜一,福山 正隆,横山 新(Yoshiteru Amemiya, Ryuichi Furutani, Masataka Fukuyama, and Shin Yokoyama)
        • 縦列p/n 接合型Si マッハツェンダー低電圧・高速光変調素子(Si Mach-Zehnder Low-Voltage and High-Frequency Optical Modulator with Multi-Cascade p/n Junctions)
          古谷 竜一,雨宮 嘉照,福山 正隆,横山 新(Ryuichi Furutani, Yoshiteru Amemiya, Masataka Fukuyama, and Shin Yokoyama)
        • i 線ステッパを用いたSi リング共振器の作製と評価(Fabrication and Evaluation of Si Ring Optical Resonators Using i-line Stepper)
          大西 悠斗,福山 正隆,雨宮 嘉照,横山 新(Y. Onishi, M. Fukuyama, Y. Amemiya, and S. Yokoyama)
        • Si 導波路形状におよぼす高温水素アニール温度と圧力の影響(Effect of Hydrogen Anneal Temperature and Pressure to Si Waveguide Roughness)
          福山 正隆, 雨宮 嘉照, 横山 新(M. Fukuyama, Y. Amemiya, and S. Yokoyama)
        • バイオと半導体をつなぐ素材 - シリコン結合タンパク質「Si-tag」(The Silicon-Binding Protein "Si-tag" Can Be Used as a Biointerface between Biomolecules and Semiconductor Surfaces)
          池田 丈,本村 圭,横山 新,黒田 章夫(Takeshi Ikeda, Kei Motomura, Shin Yokoyama, Akio Kuroda)
        • Evaluation of Chemical Bonding Features of Thermally-Grown Ge Oxide/Ge(100) System S. K. Sahari, A. Ohta, M. Matsui, H. Murakami, S. Higashi and S. Miyazaki
        • ALD 及びLayer-by-Layer 法による極薄Ta 酸化膜の形成とGe(100)基板における界面酸化評価(Formation of Ultrathin Ta-oxide Films by ALD and Layer-by-Layer Methods and Evaluation of Interfacial Oxidation in the Film Formation on Ge(100))
          三嶋 健斗, 村上 秀樹, 大田 晃生, S. K. Sahari, 藤岡 知宏, 東 清一郎,宮崎 誠一(K. Mishima, H. Murakami, A. Ohta, S. K. Sahari, T. Fujioka, S. Higashi and S. Miyazaki)
        • Ge 基板上への Layer-by-layer 法によるTiOx 形成と界面反応制御(Control of Interfacial Reaction at Ge/ TiOx Interface Formed on Ge Substrate by Layer-by-layer Method)
          村上 秀樹, 藤岡 知宏, 大田 晃生, 三嶋 健斗, S. K. Sahari, 東 清一郎, 宮崎 誠一(H. Murakami, T. Fujioka, A. Ohta, K. Mishima, S. K. Sahari, S. Higashi, and S. Miyazaki)
        • マイクロ熱プラズマジェット照射高速横方向結晶化におけるSiスリットマスクを用いた結晶成長位置制御(Control of Grain Growth by the Use of Si Slit Mask Formed during the High Speed Lateral Crystallization Induced by Micro-Thermal-Plasma-Jet Irradiation)
          藤田 悠二, 東 清一郎(Y. Fujita and S. Higashi)
        • 近赤外半導体レーザ光照射によるa-Si 膜の結晶化と同時転写技術(Crystallization of amorphous Si films and simultaneous transfer technique induced by near-infrared semiconductor diode laser irradiation)
          酒池 耕平, 松原 良平, 小林 義崇, 東 清一郎(K. Sakaike, R. Matsubara, Y. Kobayashi, and S. Higashi)
        • 超低消費電力動作のためのトラップ電荷のトンネル注入・放出を利用したしきい値電圧の自己調節可能な機能ゲートMOSFET(Functional gate metal-oxide-semiconductor field-effect transistors using tunnel injection/ejection of trap charges enabling self-adjustable threshold voltage for ultralow power operation)
          工藤 貴史, 中島 安理, 伊藤 隆司(Takashi Kudo, Anri Nakajima and Takashi Ito)
        • DNA電界効果トランジスタの伝導特性–電荷保持特性–(Electrical Property of DNAFET –Charge Retentivity–)
          高城 祥吾, 松尾 直人, 山名 一成, 部家 彰, 高田 忠雄, 横山 新(Shyogo Takagi, Naoto Matsuo, Kazushige Yamana, Akira Heya, Tadao Takada and Shin Yokoyama)
        • 固体電解質抵抗変化素子のひずみイメージング(Strain Imaging of Solid-Electrolyte Switching Device)
          田村 良太, 高田 啓二, 笠間 敏博, 福山 正隆, 横山 新(Ryota Tamura, Keiji Takata, Toshihiro Kasama, Masataka Fukuyama and Shin Yokoyama)
        • RF スパッタにより形成したSiOx 薄膜の抵抗変化特性評価(Evaluation of Resistance-Switching Properties of Ultrathin SiOx Prepared by RF Sputtering)
          大田晃生, 後藤優太, 西垣慎吾, 村上秀樹, 東清一郎, 宮崎誠一(A. Ohta, Y. Goto, S. Nishigaki, H. Murakami, S. Higashi, and S. Miyazaki)
        • バイオセンサへの応用を目的としたバンド間トンネルをベースとするトランジスタの研究(A study of transistor based on band-to-band tunneling for application to bio sensor)
          田部井 哲夫,芝原 健太郎, 横山 新(Tetsuo Tabei, Kentaro Shibahara, and Shin Yokoyama)
        • CMOS 回路により生成したガウシアンモノサイクルパルスによる物体検出(Object Detection using Gaussian Monocycle Pulse from CMOS circuit)
          久保田 慎一,野口 昂裕, 杉谷 拓海, 吉川 公麿(Shinichi Kubota, Takahiro Noguchi, Takumi Sugitani, and Takamaro Kikkawa)
        • Si単電子トランジスタを利用した高感度イオン検出(Highly sensitive ion detection using Si single-electron transistors)
          工藤 貴史, 中島 安理(Takashi Kudo and Anri Nakajima)
        • 温度安定化によるSiリング共振器バイオセンサの高感度化(Highly sensitive detection of Si ring biosensor by temperature stabilization)
          谷口 智哉, 阿部 陽介, 雨宮 嘉照, 池田 丈, 黒田 章夫, 横山 新(T. Taniguchi, Y. Abe, Y. Amemiya, T. Ikeda, A. Kuroda, and S. Yokoyama)

      • The 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC 2011)(2011/6/20)
        • HW/SW Co-design of Region Growing Image Segmentation
          • 著者:M. Omori, T. Koide, and H. J. Mattausch
          • 発表者:Mutsumi Omori
          • 研究グループ:マタウシュ・小出研究グループ
          • 論文アブストラクト:
            It is important for image processing to separate the systems HW and SW components. Consequently, we developed a system which enables HW/SW co-design in image processing. Previously, we reported a two dimensional pixel block scanning architecture for image segmentation by region growing, which allows a trade-off between faster speed and smaller implementation space as well as lower power consumption for optimizing a practical application. When we want to evaluate various image segmentation algorithms in hardware, both the image segmentation circuit and peripheral circuits have to be implemented in the evaluation system. For this propose the suitability of the developed hardware and software co-design system has been tested and its practical usefulness has been demonstrated.
          • 感想:初めての学会発表で英語での発表でかなり緊張しました。ネイティブの方はほとんどいらっしゃらず、アジア圏の方ばかりだったので、聞き取りに関してはほぼ出来たと思うのですが、言葉がでてきませんでした。やはり英語をもっと勉強したいと思います。レーザポインタを使用すると手が震えてしょうがないので、これからはレーザポインタを使用しないスライドづくりを心がけていきたいと思います。
          • お世話になった先生方、先輩方、同級生に一言: 遅くまで、発表に付き合っていただき本当にありがとうございました。
        • Application of Composite Haar-like features to Face Detection with Massive-Parallel Memory-Embedded SIMD Matrix Processor
          • 著者:H. Hiramoto, T. Koide, H. J. Mattausch and T. Kumaki
          • 発表者:Hirokazu Hiramoto
          • 研究グループ:マタウシュ・小出研究グループ
          • 論文アブストラクト:
            This paper presents a high-speed and a highly accurate parallel face-detection processing technique, which uses a Massive-Parallel Memory-Embedded SIMD Matrix processor (MX-1). The MX-1 can execute a Haar-like feature based face-detection algorithm in real-time and operates with low power consumption of about 150 mW. Furthermore, MX-1 is programmable and therefore it can implement a software-based flexible architecture. The face-detection algorithm applies the AdaBoost algorithm in addition to Haar-like features. It is efficient and can also be adapted to detect other types of objects with high accuracy. Most effective face-detection processing suitable for MX-1 is achieved with new methods for scan-window parallelization and reduction of the number of Haar-like features. The resulting detection time is about 300 ms at 162 MHz clock frequency when using an evaluation board equipped with the MX-1 processor. Moreover, while keeping the high accuracy of the face detection rate (> 99 %), the number of Haar-like features can be reduced to about 10 % of that available in conventional public-domain software.

        • 2011 Symposia on VLSI Technology and Circuits(2011/6/13~6/17 京都)
          • A 381 fs/bit, 51.7 nW/bit Nearest Hamming-Distance Search Circuit in 65 nm CMOS
            • 著者:H.J. Mattausch, M. Yasuda, A. Kawabata, W. Imafuku and T. Koide
            • 発表者:H.J. Mattausch
            • 論文アブストラクト:
              The developed fully-parallel associative memory in 65nm CMOS for nearest Hamming-distance search is based on distance-frequency mapping with ring oscillators. The largest reference-data capacity of 128 pattern with 512 bit each, the shortest minimum search time of 3.81・10-13 s/bit and the lowest power dissipation of 5.17・10-8 W/bit in comparison to previous designs are reported. In particular, the power-delay product of 1.97・10-20 J/bit is improved by a factor 140.

        • 第23回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(2011/6/10~6/11)
          • 微生物カウンタ開発に向けたマイクロ液滴内混合解析法
            有留克洋、W. P. Bula, N. G. Dimov, P. Kurek, S. Schlautmann, 高畑祐人、村上裕二、J. G. E. Gardeniers, 三宅亮
          • 微生物カウンタ高効率に向けたマイクロ液滴内混合促進形状
            高畑祐人、有留克洋、三宅亮、村上裕二
          • 磁性粒子含有PDMS流路を用いた細胞分離チップ
            坂本憲児、杉本うらら、柳瀬雄輝、秀道広、三宅亮
          • 平成22年度CHEMINAS奨励賞受賞講演「微細加工技術と生体材料の組み合わせによるマイクロバイオ分析の先駆的な取り組み」
            村上裕二

        • ISMM2011(2011/6/2~6/4)
          • Enhanced Passive Mixing in Microfluidc Droplet for the Efficiency of a Microbe Counter
            Yuto Takahata, Katsuhiro Aritome, Ryo Miyake, Yuji Murakami
          • Mixing Quantification in Microfluidic Droplets for the Development of Microbe Counter
            K. Aritome, W. P. Bula, N. G. Dimov, P. Kurek, S. Schlautmann, Y. Takahata, Y. Murakami, J. G. E. Gardeniers, R. Miyake
          • Magnetc Beads Minipulation for On-Chip Assay
            T. Ishikawa, J. S. Jee, R. Miyake
          • Pre-CMOS MEMS Process for the Integrated System of Bio-Sensors and Micro Pumps
            Kenji Sakamoto, Shotaro Ishino, Yuji Miyahara, Ryo Miyake
          • Integration and Installation of Micro-Fluidic Devices (Invited)
            Ryo Miyake

        • 電子情報通信学会VLSI設計技術研究会(2011/5/18)
          • パスエンコーディング手法を用いた周波数マッピング連想メモリの高速化
            著者:佐々木静龍・安田雅浩・川畑明雄・小出哲士・マタウシュ ハンス ユルゲン(広島大)
            発表者:佐々木静龍(M1)
            論文アブストラクト:複数の参照データの中から入力データを検出する連想メモリはパターン認識などに適用可能な機能メモリである.本研究では,距離を周波数領域に変換し遅延時間の差を検出することでスケーラブルかつ高信頼な周波数マッピング連想メモリを開発する.提案する周波数マッピング連想メモリは距離‐周波数変換回路にリングオシレータを用いることでトランジスタのばらつきの影響を低減し,後段の分周器により,信頼性の向上を実現している.検索時間の更なる高速化のためには,リングオシレータの段数の最適化が不可欠である.そこでこれを実現するためにパスエンコーディング手法を提案し,コンパクトな実装を実現することで最短検索時間において約1.7倍の高速化を実現した.

      • 電子情報通信学会 LSIとシステムのワークショップ2011リングオシレータベース高速・低消費電力周波数マッピング連想メモリ
        著者:
            安田 雅浩, 川畑 明雄, Ansari Tania, 今福 渉, 小出 哲士, Mattausch Hans (広島大)

        発表者:
            安田 雅浩(M2)

        論文アブストラクト:
            連想メモリはパターン認識等に適用可能な,複数の参照データの中から入力データに最も似ているデータを探し出し、そのデータまたはアドレスを出力する機能メモリである。各データの距離(類似度)を表現するためには完全ディジタル,ディジタル・アナログ混載など様々な手法があるが,本試作チップは小面積・低消費電力かつスケーラブルな設計が可能な距離比較手法として、時間領域を利用した新しい手法を用いた.本研究では,180 nm テクノロジを用いてリングオシレータベースの時間領域連想メモリを設計し,最速60 ns,約42 mWでの動作と,データサイズに対するスケーラビリティを確認した.



      • ICNC'10(2010/11/17~11/19)
        • Optimization Vector Quantization by Adaptive Associative-Memory-Based Codebook Learning in Combination with Huffman Coding
          Akio Kawabata, Tetsushi Koide, Hans Jürgen Mattausch
        • Architecture and FPGA-Implementation of Scalable Picture Segmentation by 2D Scanning with Flexible Pixel-Block Size
          T. Koide, R. Kimura, T. Sugahara, K. Okazaki, H. J. Mattausch
      • 第22回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(2010/11/17~11/18)
        • Si ウエハ上に形成したナノフロー電気浸透流ポンプによる流動制御
          石野祥太郎,坂本憲児,三宅亮,宮原裕二
        • 流路中のマイクロ液滴内流動解析
          高畑祐人,有留克洋,笠間敏博,坂本憲児,石川智弘,三宅亮,村上裕二
      • 第27回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム(2010/10/14~10/15)
        • 微生物カウンタ開発のための微小液滴内における生化学発光測定
          有留 克洋,高畑 祐人,坂本 憲児,野田 健一,黒田 章夫,石川 智弘,三宅 亮,村上 裕二
      • µTAS2010(2010/10/3~10/7)
        • BIOCHEMICAL QUANTIZATION BY MICROFLUIDIC DROPLETS FOR THE DEVELOPMENT OF MICROBE COUNTER
          Katsuhiro Aritome, Yuto Takahata, Kenji Sakamoto, Kenichi Noda, Akio Kuroda, Tomohiro Ishikawa, Ryo Miyake and Yuji Murakami
      • SSDM2010(2010/9/21)
        • Modeling of RESURF LDMOS for Accurate Prediction of Junction Condition on Device Characteristics
          T. Saito, T. Tanaka1, T. Hayashi, K. Kikuchihara,T. Kanamoto, H. Masuda, M. Miyake, S. Amakawa,H. J. Mattausch, M. Miura-Mattausch
        • Sensitivity Improvement of Biosensors Using Si Ring Optical Resonators
          M. Fukuyama, Y. Amemiya, Y. Abe, Y. Onishi, A. Hirowatari, K. Terao, T. Ikeda, A. Kuroda, S. Yokoyama
        • A 5.4-9.2 GHz 19.5 dB CMOS UWB Receiver Frontend Low Noise Amplifier for Confocal Imaging System
          A. Azhari, S. Kubota, A. Toya, N. Sasaki, T. Kikkawa
        • Confocal Imaging System Using 28.2 Gsample/s UWB Sampling Circuit
          A. Toya, N. Sasaki, S. Kubota, T. Kikkawa
        • Analysis of Within-Die and Die-to-Die CMOSProcess Variation With Reconfigurable Ring- Oscillator Arrays
          T. Ansari, W. Imafuku, A. Kawabata, M. Yasuda, T.Koide, H. J. Mattausch
        • Depth Profile and Retained Dose in SiO2/Si Structure for B18HX+ Implantation
          Y. Kawasaki, H. Yoshimura, K. Asai, K. Shibahara
        • A 1 Gb/s Differential Input Threshold Detection Based BPSK Receiver For IR-UWB Communication Using 180 nm CMOS Technology
          M. Hafiz, N. Sasaki, T. Kikkawa
        • Detection of Antigen-Antibody Reaction Using Si Ring Optical Resonators Functionalized with an Immobilized Antibody-Binding Protein
          M. Nishida, M. Fukuyama, Y. Abe, Y. Amemiya, T. Ikeda, A. Kuroda, S. Yokoyama
        • Low-Complexity Time-Domain Winner-Take-All Circuit with High Time-Difference Resolution Limited only by With-In-Die Variation
          M. Yasuda, T. Ansari, W. Imafuku, A. Kawabata, T. Koide, H. J. Mattausch,
        • Design and Simulation of Silicon Ring Optical Modulator with p/n Junctions along Circumference
          Y. Amemiya, H. Ding, S. Yokoyama
        • Development of Accelerometer Using Mach-Zehnder Interferometer Type Optical Waveguide
          M. Suzuki1, K. Nishioka, T. Takahashi, S. Aoyagi, Y. Amemiya, M. Fukuyama, S. Yokoyama
      • 第71回応用物理学学術講演会(2010/9/14~9/17)
        • P/N接合マルチカスケード型Siリング光変調素子における多重干渉の影響
          丁昊,雨宮嘉照,福山正隆,横山新
        • p/n接合マルチカスケード型Siリング光変調素子の評価
          雨宮嘉照,丁昊,福山正隆,横山新
        • Siリング共振器作製時のレジストベークとアッシングの影響
          大西悠斗,福山正隆,雨宮嘉照,横山新
        • シリコン結合タンパク質を用いたシリコン基板上へのタンパク質固定化
          池田丈,本村圭,阿部陽介,雨宮嘉照,福山正隆,横山新,黒田章夫
        • 特異吸着によるSiリング共振器バイオセンサの感度向上
          阿部陽介,池田丈,雨宮嘉照,黒田章夫,横山新
        • ハイインピーダンスサーフェス付きボウタイアンテナによる共焦点画像処理
          久保田慎一,佐々木信雄,外谷昭洋,神前貴弘,花田舞子,野口昂裕,吉川公麿